よくある質問

1.全般

Q. 有限責任事業組合(LLP)はどのような組織形態ですか。

A. LLPとは株式会社や有限会社などと並ぶ「有限責任事業組合」という新たな事業体です。

具体的には、①構成員全員が有限責任で、②損益や権限の分配が自由に決めることができるなど内部自治が徹底し、③構成員課税の適用を受けるという3つの特徴を兼ね備えています(経済産業省 LLP FAQより抜粋)。

 

Q. 九州プロサーチ有限責任事業組合の出資者はどこですか。

A. 『株式会社 産学連携機構九州』と三菱ケミカルホールディングスグループの『株式会社 LSIメディエンス』の2社となります。

 

Q. 研究検体の測定以外にはどんなサービスがありますか。

A. 大学や各種医療機関で行われている様々な研究検査のONE STOPサービスを提供します。

 

Q. 分析結果について担当者とディスカッションできますか?

A. 可能な限り対応させて頂きます。遠地の場合は電話やメールで対応させて頂くこともございます。

 

Q. 九州以外の地区からも分析依頼できますか?

A. 問題ございません。

 

Q. 分析委託前に秘密保持契約を結ぶことはできますか?

A. 可能です。弊社から契約案を送付させて頂きます。

 

Q. 代理店を通すことはできますか?

A. 原則、LSIメディエンスを窓口として利用しております。LSIメディエンスと取引がない病院、企業様につきましては代理店取引が可能です。

 

Q. ホームページに記載のない特別な研究を依頼することはできますか?

A. 可能です。特にELISAのアッセイなど幅広く対応しております。

 

Q. 分析法の開発を依頼できますか?

A. 可能です。質量分析など新しい分析方法の開発を受託しております。

2.プロテオミクス

Q. どのような試料が測定できますか?

A. ヒト培養細胞、ヒト凍結組織に含まれるタンパク質(主に代謝酵素)を分析します。

 

Q. 何種類くらいのタンパク質が測定できますか?

A. 一般にHeLaなどの活発に増殖する細胞で200~250種程度のタンパク質を検出することができます。組織分析の場合は150~200種程度の検出となることが多いですが、臓器や癌・非癌部位で大きく異なります。

 

Q. 出てくるアウトプットはどんなものですか?

A. 紙の報告書とExcelの電子ファイルなどを記録したCD-Rを成果物として納品いたします。

詳しくはプロテオミクス(iMPAQT法)のページをご覧ください。

 

Q. 試料量はどれくらい必要ですか?

A. 培養細胞では2×10^6 cells、組織は50 mg程度必要です。

検体量が十分確保できない場合は別途お問い合わせください。パイロット的に分析し、必要量に達しているか確認させていただく事も可能です。

 

Q. KPSLのプロテオミクスの特徴は何ですか?

A. 一般的に質量分析を使ったプロテオミクスでは高分解能型の質量分析計を使ったショットガン法(DDA:data-dependent acquisition) によるノンターゲット分析が主流ですが、低発現タンパク質の検出率やデータ再現性に課題があります。一方iMPAQT分析では、MRM法をベースとした定量分析技術のため、単位時間当たりの分析成分数はショットガン法に劣るものの、検出感度や定量再現性に優れる特徴があります。

 

Q. 定量はできますか?

A. 分析サンプルに添加した安定同位体標識済みの合成ペプチド濃度を元に定量値を算出します。ただし合成ペプチド換算の定量値となるため、前処理過程におけるタンパク質の精製効率や、消化効率は反映されていないデータとなります。また、各々の成分について検量線は引いていない(一点検量線にて算出)ため、算出した定量値は概算値としてお考え下さい。

 

Q. サンプル準備にはどのような注意が必要ですか?

A. 細胞の場合は、比較したい群間で可能な限り細胞数を揃えてください。組織分析の場合は、血液などのコンタミネーションを防ぐため、PBSで十分に洗浄した後、専用のマイクロチューブに入れて凍結保存してください。この際、組織がチューブ壁面に付着したまま凍らないように、スピンダウンして組織をチューブ底面に落としてから凍結してください。

 

Q. 英語の報告書は作成できますか?

A. 大変申し訳ございませんが、現在のところ英語レポートには対応しておりません。

 

Q. 長期間にわたるコホート研究に対応できますか?

A. 大変申し訳ございませんが、現在のところ対応しておりません。

 

Q. 生データは開示できますか?

A. 質量分析のRawDataおよび、データ解析後のピークピッキング記録をテキストデータとして保管しております。論文投稿などで必要な場合は別途ご連絡ください。

 

Q. データの生物的解釈はできますか?

A. 原則行っておりません。分析の目的、検体の由来(病気名など)を開示頂いた場合のみ、簡単な考察を加えさせて頂く場合がございます。

 

Q. 受託測定を依頼する際の最低検体数はありますか?

A. 最低6検体からとさせて頂いております。必要な組織量の把握のため、パイロット的に少数サンプルでの分析も受け付けております。詳細はお問い合わせください。

3.メタボロミクス・リピドミクス

Q. どのような試料が測定できますか?

A. 血漿(血清)、細胞、臓器、尿、唾液などに含まれる代謝物を分析します。食品や飲料中の代謝物にも対応いたします。

 

Q. 何種類くらいの代謝物が測定できますか?

A. 一般に血漿(血清)で200程度、臓器、尿で300~400程度の代謝物が検出されます。糖代謝、アミノ酸代謝、核酸代謝、脂質代謝物などを分析します。

 

Q. 出てくるアウトプットはどんなものですか?

A. 紙の報告書とExcelの電子ファイルを成果物として納品いたします。代謝物の変動はボルケーノプロットやヒートマップ、パスウエイなど視覚的に表示されます。

報告書例

報告データ例

 

Q. KPSLのメタボロミクスの特徴は何ですか?

A. CE-MS(キャピラリー電気泳動質量分析装置)とLC-MSのコンビネーションにより広い範囲の代謝物を一斉分析します。独自のソフトにより結果を視覚的に表示します。

 

Q. メタボロミクスの標品リストは見れますか?

A. こちらでご覧いただけます。

 

Q. 英語の報告書は作成できますか?

A. 追加料金が発生しますが、英語レポートにも対応しております。

 

Q. 長期間にわたるコホート研究に対応できますか?

A. 長期にわたるコホート研究の場合、バッチごとにQCサンプルを測定し、バッチ間の誤差を補正します。事前にQCサンプルを準備する必要がありますので、ご相談ください。

 

Q. 1検体ずつ出検できますか?

A. LSIメディエンスと取引のある病院のみ対応が可能です。全検体が集まるまでLSIメディエンスにて検体を保管いたします。

 

Q. 生データは開示できますか?

A. 原則生データは開示しておりません。

(※生データとは作業記録、質量分析のAcquisition Dataなどを示します。)

 

Q. データの生物的解釈はできますか?

A. 原則行っておりません。分析の目的、検体の由来(病気名など)を開示頂いた場合のみ、簡単な考察を加えさせて頂いております。

 

Q. 受託測定を依頼する際の最低検体数はありますか?

A. 最低10検体からとさせて頂いております。この中にコントロール検体をいくつか入れて頂く必要があります。

4.高感度マルチイムノアッセイ、ELISA測定

Q. 高感度マルチイムノアッセイでどのパネルを選択すれば良いか分かりません。

A. 測定希望のマーカーをご提示いただければこちらでご案内いたします。

 

Q. ELISA測定の測定項目一覧にない項目も測定できますか。

A. ぜひお問い合わせください。こちらで試薬などの調査を行い、ご相談させていただきます。

 

Q. どんな検体でも測定依頼ができますか。

A. 測定項目によっては材料(血清や血漿など)が限定されます。また、長期保管されていたサンプルはターゲット物質の安定性が損なわれている場合があります。

感染性あるいは感染の可能性があるサンプルについてはご相談ください。